スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にかPCが重くなったから何とかしたい!って場合にすべきこと

PCって使っているうちに重くなりますよね。
Windows 10にアップグレードしてから重くなった!とか、なんか気付いたら購入時と比べてすんごく重たいんですけど!とか、重たくなる理由も状況によってマチマチなわけですが、ここではそれらをまとめてメンテナンスしてみようと言うものです。

1.Windows本体の問題を修復することで問題点を改善する
普段使っていると分からないかもしれませんが、Windowsは更新に更新を重ねた結果、データの一部が破損するなんてことはよくある話です。
ですのでまずはWindowsのデータを正常なものに修復し、そこから本格的なメンテナンスをやることにしましょう。
Windows 8以降はWindows 7では使えない機能が使えるようになっているため、そちらもご案内します。

(1-1)Windows Vista/7
Windowsキー Windowsキーを押してスタートメニューを開きます。
すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトを右クリックし、管理者として実行を選択します。

(1-2)Windows 8/8.1
Windowsキーを押してスタートメニューを開きます。
すべてのプログラム→コマンドプロンプトを右クリックし、管理者として実行を選択します。

(1-3)Windows 10
コルタナ入力バー
コルタナに半角英数で以下を入力します。
cmd
コマンドプロンプトが表示されるので、右クリックして管理者として実行を選択します。

(2-1)Windows 8/8.1/10の人専用
コマンドプロンプトに以下の一文をコピペします。
DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
コピペが完了したらエンターキーを押します。
20%から急に動かなくなるように感じる場合がありますが、これはDISMツールの仕様です。
表示は動かなくても処理は行われていますので、処置完了までお待ちください。
処置が終わったらそのまま(2-2)へお進みください。

(2-2)Windows全バージョン共通
コマンドプロンプトに以下の一文をコピペします。
sfc /scannow
コピペが完了したらエンターキーを押します。
作業が完了するまで待ちます。
作業が完了したら続けて以下の一文をコピペします。
chkdsk /r
次回再起動時に実行するかと問われるので、Yキーを押します。
PCを再起動させます。
再起動途中で黒い画面に白い文字でカウントダウンが始まりますが、そのまま放置してください。
Stage 5の最後まで終われば完了となり、自動的にWindowsが起動します。
ご利用のPCによっては処置に1時間以上の時間を要する場合があります。

2.不要ソフトウェアのアンインストール
PCが重くなる原因として、稼働しているソフトウェアの中に現在は利用しなくなったソフトウェアが混ざっている場合が非常に多いです。
そのため現在は既にご利用しなくなってしまったソフトウェアの削除を行いましょう。

(1-1)Windows 10以外の方
Windowsキーを押し、コントロールパネルをクリックします。

(1-2)Windows 10の方(8.1の方も可能)
コルタナの横にあるスタートボタンを右クリックし、コントロールパネルをクリックします。

(2)Windows全バージョン共通
コントロールパネルからプログラムのアンインストールをクリックします。
ご自身でインストールされたもののうち数週間以上使用していないソフトウェアを探します。
ダブルクリックでアンインストールを行ってください。
また今後使用する予定がないものに関しても、同じくダブルクリックしてアンインストールを行ってください。
ご自身でインストールしたにも関わらず使っているか否かを判断できないものは、使っていないものとして削除しましょう。
セキュリティソフトは有効期限が切れているならアンインストールします。
有効期限が切れていないのであればそのまま残しておきます。
ただし複数のセキュリティソフトを導入している場合は、1つだけ残してほかはすべてアンインストールします。

3.ディスクのクリーンアップを行う
ディスクのクリーンアップを行ってPC内のゴミを掃除し、PCの負担を減らしましょう。

(1)Windows全バージョン共通
Windowsキーを押しながらRキーを押します。
ファイル名を指定して実行が表示されますので、そちらに半角英数で以下を入力してください。
cleanmgr
入力が完了しましたらエンターキーを押してください。
C:ドライブを選択してOKを押します。
スキャンが開始されますので完了するまでお待ちください。
スキャンが完了すると一覧が表示されますので、すべてにチェックを入れてOKを押してください。

4.ディスクデフラグを行う
記憶媒体に保存されたデータを読み込み順に並べ替えることで高速化を図ります。

(1)Windows全バージョン共通
Windowsキーを押しながらRキーを押します。
ファイル名を指定して実行が表示されますので、そちらに半角英数で以下を入力してください。
dfrgui
入力が完了しましたらエンターキーを押してください。
ディスクデフラグツールあるいはドライブの最適化が表示されますので、(C:)を選択して最適化をクリックします。
最適化が完了するまで待ちます。
Cドライブがソリッドステートドライブ(SSD)の場合は警告が表示されたり、あるいはデフラグできない場合もあります。
デフラグが実行できる場合は実行を、デフラグが実行できない場合は本作業を飛ばしてください。

5.自動メンテナンスを行う
Windows 8以降には自動メンテナンスと言う機能が存在します。
この自動メンテナンスを手動で実行し、PCの状態を整えましょう。
Windows Vista/7の方は残念ながらこの機能が存在しないためご案内できません。

(1)Windows 8/8.1/10の方専用
コントロールパネルを開きます。
システムとセキュリティ→セキュリティとメンテナンスを開きます。
メンテナンス(M)をクリックして内容を表示させ、その中から自動メンテナンスを探します。
メンテナンスの開始をクリックするとWindowsが自動的にメンテナンスを開始します。
自動メンテナンスの採集実行日が更新されれば自動メンテナンスは完了となります。

6.再起動する
Windowsは使用しているだけで次第に重たくなってきます。
この症状を解決するために最も簡単にできることは、PCを再起動させることです。
上記で行った作業の影響を確かめる意味でも、ここで一度再起動を行ってください。
またシステムが不安定になった場合は、シャットダウンではなく再起動を行ってみてください。
これである程度は改善できるはずです。
シャットダウンは実はWindowsをシャットダウンさせていなかったと言う内容については、いずれ書くかもしれません。

終わりに
各種メンテナンスをやってみた結果はいかがだったでしょうか。
このメンテナンスにより少しでも快適にPCがご利用できるようになることを、陰に日向に祈っています。

それではまたネタを思いついた頃にお会いしましょう。
スポンサーサイト

ルーター改ざん型マルウェアによりリダイレクトする問題の応急処置

昨今マルウェアによりルーターの設定が改ざんされ、PC、スマートフォンを問わず勝手に別ページに飛ばされてしまうトラブルが続出しています。
この問題の応急処置の方法をご案内いたします。
ただし、過去に発売されているすべての機器を網羅できるわけではありません。
また中にはこのような設定ができないように細工されているルーターもあります。
なお、ここで行うのは応急処置であり、抜本的解決には至りません。
本処置を終わらせましたら、案内の最後に記載している悪代官の伏魔殿より駆除作業のご依頼をください。

1.ルーターの設定画面に入る
ルーターの設定を確認するためには、ルーターの設定画面に入る必要があります。
ルーターの設定画面へのログインはブラウザを介して行いますが、ご利用のルーターにより手順が異なります。
ルーターへのログイン方法をご存知の方はここを飛ばし、次の項目から作業を行ってください。

以下URLをクリックし、アクセスできるか試してください。

有線LANで接続している方、プロバイダからレンタルした無線LANをご利用の方
http://192.168.1.1/

上記でアクセスできない方は、以下URLをクリックしてアクセスできるページがあるかご確認ください。

無線LANルーターログインURL1
http://192.168.0.1/

無線LANルーターログインURL2
http://192.168.3.1/

無線LANルーターログインURL3
http://192.168.10.1/

無線LANルーターログインURL4
http://192.168.11.1/

無線LANルーターログインURL5
http://192.168.100.1/

無線LANルーターログインURL6
http://192.168.101.1/

2.パスワードを入力する
アクセスに成功すると、以下のような画面が表示されます。
ruter-in
これがルーターへのログイン画面となります。
ルーターのログインは標準では以下のうちいずれかのものとなることが多いです。

2011年あるいはそれ以前に販売された機器1
ユーザー名: root
パスワード: 未記入

2011年あるいはそれ以前に販売された機器2
ユーザー名: root
パスワード: root

2012年あるいはそれ以降に販売された機器及び、上記でログインできなかった方1
ユーザー名: admin
パスワード: password

2012年あるいはそれ以降に販売された機器及び、上記でログインできなかった方2
ユーザー名: user
パスワード: user

2012年あるいはそれ以降に販売された機器及び、上記でログインできなかった方3
ユーザー名: admin
パスワード: admin

2012年あるいはそれ以降に販売された機器及び、上記でログインできなかった方4
ユーザー名: admin
パスワード: 未記入

2012年あるいはそれ以降に販売された機器及び、上記でログインできなかった方5
ユーザー名: user
パスワード: 未記入

3.DNS設定を確認する
ログインできましたら、詳細設定等の項目からDNSと言うものを探します。
上記の通り、機器によってはDNSと言う項目そのものが存在しない場合もありますが、その場合は飛ばして下記URLからご連絡ください。
DNSの項目がある方は、プライマリDNSとセカンダリの設定を確認してください。
ご利用の機器によっては、プライマリDNSがDNS1、セカンダリDNSがDNS2と記載されている場合があります。
プライマリDNS、セカンダリDNSともに192.168.と続くものであれば、ルーターの改ざんは100%ありません。
それ以外のものであれば、パブリックDNSに変更してみましょう。
パブリックDNSとは一般公開されているDNSで、これを使用することにより通信速度の高速化が期待できます。
以下に書き換えを行ってみてください。

プライマリDNS: 8.8.8.8
セカンダリDNS: 8.8.4.4

設定が完了しましたら下部に保存ボタンがあるはずですので、それを押して設定を保存します。
設定を保存しただけでは反映されませんので、詳細設定やメンテナンスの項目等にある機器再起動のボタンを押します。
ご利用の機器によっては単に再起動としか書かれていない場合もあります。
再起動後が完了しましたらブラウザを終了させてください。
以下URLのうちいずれかから応急処置を行った旨を記載してご連絡ください。

悪代官の伏魔殿掲示板
http://akudaikan-0.bbs.fc2.com/
悪代官の伏魔殿掲示板別館
http://other-place.bbs.fc2.com/

どちらにご連絡なされても対応いたします。

サムネ画像に何とか内枠を付けたかったので無理やり付けてみた

はじめに。
もう覚え書きも良いところな内容となります。
そしてかなり強引な内容となります。
と言うかHTMLやCSSってPCじゃなくてもできるじゃん! ってなりますが。
それでも良ければお進みください。

昔々遠い未来(2017年元日現在)に189個のサムネイルが並ぶプライベート専用のWebページがありました。
そこのWebページのサムネイルに無理やり内枠を付けるためにCSSをつついてみました。
ですがどれだけbox-shadowをつついてみても画像の裏側にしか内枠が付けれませんでした。
そこでいい感じに閃いた(キレた)管理人は透明な画像を上から重ねることにしました。
そんなお話です。

「いいですよやってやろうじゃないですか!」
IEとFirefoxの2ブラウザで確認作業を行いながら3時間ほどCSSに頭を悩ませていたIVNOだが、たかがCSS3にこれ以上は相手にしていられないと、内枠を作るためGIMPを起動させた。
内枠修正
1分で内枠を完成させたIVNOは、これを表示させるためにHTMLの改変を行うことにした。

<section><div><div>
<a><img src="" alt="" />タイトル4</a>
<a><img src="" alt="" />タイトル3</a>
<a><img src="" alt="" />タイトル2</a>
<a><img src="" alt="" />タイトル1</a>
<div></div>
</div></div>
</section>

しかし問題はどこを改変すべきかとなる。
前提条件として、内側に入っているものは外側にあるものより上に来る。
つまり<a>より<img>のほうが上に来る仕様となっている。
そのためどれだけ<a>に細工を行おうと<img>の裏に潜り込まれてしまうし、<img>に細工しても同じだ。
であるならば、あとから表示されるものは上に来ると言う仕組みを積極的に活用すべきと判断した。
しかし手入力はあまりにも面倒であったため、メモ帳等にある一括置換機能を利用して作業を行った。

<section><div><div>
<a><img src="" alt="" /><span>タイトル4</span></a>
<a><img src="" alt="" /><span>タイトル3</span></a>
<a><img src="" alt="" /><span>タイトル2</span></a>
<a><img src="" alt="" /><span>タイトル1</span></a>
<div></div>
</div></div>
</section>

こうすることで理論上は<span>が上に表示されることとなる。
<a>、<img>、<span>すべてにdisplay: block;と指定し、ブロックレベル要素にした。
その上で<a>と<img>にposition: relative;、<span>にposition: absolute;を設定した。
作成した画像を<span>にbackgroundで貼り付け、no-repeatを付与して繰り返しを防止し、テキストはpaddingを使ってずらした。
表示させてみるとIEもFirefoxも正常に反応していたため、ようやく溜飲を下げることに成功した。

残り1分で2017年。
皆様良いお年を。
それではまたネタを思いついた頃にお会いしましょう。

インターネットが遅い!高速化したい!

インターネットの通信速度が遅いとイライラしますよね。
ダイヤルアップ回線時代は10秒ルールなんてものもありましたが、
今は右を見ても左を見ても高速通信が可能なブロードバンドで、
このご時世にナローバンドなんて使っている奇特な人はいないくらいです。
そしてブロードバンドになって通信速度が速くなるに伴い、
10秒ルールが3秒ルールになったりと、待てない人も増えています。
では通信速度を改善してみようではないかと言う内容ですね。

1.NETSH
まずはPC側の設定を変更することにより高速化を図ります。

最初に設定前の速度計測を行います。
以下URLにアクセスし、測定開始をクリックしてスピード測定を行ってください。
http://www.musen-lan.com/speed/
2回程度で結構ですので、測定結果をメモ帳等にコピペして保存しておきます。
保存が完了しましたらPCの設定を行います。

Windows Vista/7/8/8.1の場合
スタートボタンを押し、プログラムとファイルの検索の部分に、
半角英数で以下を入力してください。

cmd

入力すると検索結果にCMD.exeが表示されますので、
それを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

Windows 10の場合
スタートボタンの横にある何でも聞いてくださいと書かれたところに、
半角英数で以下を入力してください。

cmd

入力すると検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、
それを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプトが表示されましたら、以下を1行ずつコピペしてエンターを押します。

netsh int tcp set global rss=disabled
netsh int tcp set global netdma=disabled
netsh int tcp set global chimney=disabled
netsh int tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

設定が完了したらコマンドプロンプトを終了させ、PCを再起動します。
再起動後に再度スピード測定を行い、速度が変化したかを確認します。
速度計測の結果速くなっていた場合、次のステップへ移動してください。
速度測定の結果遅くなっていた場合に限り、コマンドプロンプトを開いて以下をコピペします。

netsh int tcp set global autotuninglevel=normal

再起動して速度計測を行います。

2.ルーターへのパブリックDNSの設定
パブリックDNSと言うものを設定すると、通常より通信速度が速くなることが多いです。
この設定はPCにも可能ではありますが、ルーターにパブリックDNSを設定することで、
そのルーターを介して通信を行っているすべての機器が通信速度上昇の恩恵を受けます。
なお、SoftBank光等を契約しており、その専用機器を利用している場合、
本設定を行う項目そのものが存在しない場合があります。

インターネットブラウザを起動させ、ルーターの設定画面へログインします。
ルーターへのログイン方法はルーターによって異なります。
一般的なルーターへアクセスする際のURLを以下に記述します。
このうちいずれが正解であるかは、ご利用のルーターにより異なります。
なお、ここにはない接続先である機器の場合もありますので、
その場合、詳細はルーターの取扱説明書をご確認ください。

有線接続の方はここをクリック

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け1

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け2

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け3

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け4

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け5

ルーターへの接続に成功するとユーザー名とパスワードを入力する画面が表示されます。
rooter

ユーザー名とパスワードは一般的に以下のものとなります。

2011年あるいはそれ以前の無線LANルーターをご利用の方

ユーザー名:root
パスワード:未記入

ユーザー名:root
パスワード:root

2012年以降の無線LANルーターをご利用の方あるいは上記で設定画面に入れなかった方

ユーザー名:admin
パスワード:password

ユーザー名:user
パスワード:user

ユーザー名:admin
パスワード:admin

ユーザー名:admin
パスワード:未記入

ルーターの設定画面が表示されましたら、DNS設定と書かれた項目を探します。
機器によっては単純にDNSとしか書かれていない場合もあります。
DNSはプライマリDNSとセカンダリDNSの2つの設定を行うことができます。
機器によってはDNS1とDNS2と言う感じで記述されている場合があります。
この場合はプライマリDNSがDNS1、セカンダリDNSがDNS2となります。
DNSの設定の項目に以下を入力します。

プライマリDNS: 8.8.8.8
セカンダリDNS: 8.8.4.4

設定が完了しましたら保存ボタンを押してください。
メンテナンス等の項目にある機器再起動をクリックし、ルーターの再起動を行います。
ルーターによっては単純に再起動としか記載されていない場合もあります。
ルーターの再起動が完了しましたら、速度計測を行ってください。

通信速度は向上したでしょうか?
以上でインターネット回線の高速化設定は終了となります。
それではまたネタを思いついた頃にお会いしましょう。

Windows 7のクリーンインストール状態から手早く更新を終わらせる

Windows 7のクリーンインストール後のWindows Updateって面倒ですよね。
現在進行形でやっているところなのですが、普通にやっていたのでは時間がかかりすぎる。
そんな時にとりあえず突っ込んでおくと所要時間の大幅な短縮ができるものをご案内します。

1.Service Pack
クリーンインストールが完了してドライバのインストールが終わったら、ほかのWindows Updateを無視してでも真っ先に入れるべき更新ファイルです。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (KB976932)
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=5842

ダウンロードをクリックすると、どれをダウンロードするかが選択できます。
windows6.1-KB976932-X86.exeが32bit用、windows6.1-KB976932-X64.exeが64bit用です。
直接実行はせず、一度PCにダウンロードしてから実行するほうが安全です。

SP1のインストールが完了したら、そのままSP2モドキと言われているものをインストールします。
そのためにまずは、前提条件となるものからインストールします。

2015年4月 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に対するサービス スタックの更新プログラム
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3020369

その後SP2モドキをインストールします。

Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の便利なロールアップ更新プログラム
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB3125574
なんちゅー名前や!とは思うのですが、そういう名前なのだから仕方ありません。
Windows 7 用更新プログラム (KB3125574) が32bit用、Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3125574) が64bit用です。

2.Windows Update Client
Windows Update Clientの更新を行うと、Windows 7特有の確認作業が終わらないバグが直る可能性があります。
Windows Updateのバグを回避するため、以下をインストールすると良いでしょう。

2016年 7 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の更新プログラムのロールアップ
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3172605

3.Internet Explorer 11
言うまでもなくWindows 7におけるIEの最新バージョンです。
自動更新だとこれをインストールする前に余計なものをインストールさせられるため、先に手動インストールします。
なお、SP1が導入されていないとインストールそのものができません。

Internet Explorer 11 for Windows 7
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/internet-explorer-11-for-windows-7-details.aspx
対象と言うところから32bit版と64bit版の変更が可能です。

ここまで入れておけば、あとは自動更新に任せておいても良いと思います。
それではまたネタを思いついた頃にお会いしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。