スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にかPCが重くなったから何とかしたい!って場合にすべきこと

PCって使っているうちに重くなりますよね。
Windows 10にアップグレードしてから重くなった!とか、なんか気付いたら購入時と比べてすんごく重たいんですけど!とか、重たくなる理由も状況によってマチマチなわけですが、ここではそれらをまとめてメンテナンスしてみようと言うものです。

1.Windows本体の問題を修復することで問題点を改善する
普段使っていると分からないかもしれませんが、Windowsは更新に更新を重ねた結果、データの一部が破損するなんてことはよくある話です。
ですのでまずはWindowsのデータを正常なものに修復し、そこから本格的なメンテナンスをやることにしましょう。
Windows 8以降はWindows 7では使えない機能が使えるようになっているため、そちらもご案内します。

(1-1)Windows Vista/7
Windowsキー Windowsキーを押してスタートメニューを開きます。
すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトを右クリックし、管理者として実行を選択します。

(1-2)Windows 8/8.1
Windowsキーを押してスタートメニューを開きます。
すべてのプログラム→コマンドプロンプトを右クリックし、管理者として実行を選択します。

(1-3)Windows 10
コルタナ入力バー
コルタナに半角英数で以下を入力します。
cmd
コマンドプロンプトが表示されるので、右クリックして管理者として実行を選択します。

(2-1)Windows 8/8.1/10の人専用
コマンドプロンプトに以下の一文をコピペします。
DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
コピペが完了したらエンターキーを押します。
20%から急に動かなくなるように感じる場合がありますが、これはDISMツールの仕様です。
表示は動かなくても処理は行われていますので、処置完了までお待ちください。
処置が終わったらそのまま(2-2)へお進みください。

(2-2)Windows全バージョン共通
コマンドプロンプトに以下の一文をコピペします。
sfc /scannow
コピペが完了したらエンターキーを押します。
作業が完了するまで待ちます。
作業が完了したら続けて以下の一文をコピペします。
chkdsk /r
次回再起動時に実行するかと問われるので、Yキーを押します。
PCを再起動させます。
再起動途中で黒い画面に白い文字でカウントダウンが始まりますが、そのまま放置してください。
Stage 5の最後まで終われば完了となり、自動的にWindowsが起動します。
ご利用のPCによっては処置に1時間以上の時間を要する場合があります。

2.不要ソフトウェアのアンインストール
PCが重くなる原因として、稼働しているソフトウェアの中に現在は利用しなくなったソフトウェアが混ざっている場合が非常に多いです。
そのため現在は既にご利用しなくなってしまったソフトウェアの削除を行いましょう。

(1-1)Windows 10以外の方
Windowsキーを押し、コントロールパネルをクリックします。

(1-2)Windows 10の方(8.1の方も可能)
コルタナの横にあるスタートボタンを右クリックし、コントロールパネルをクリックします。

(2)Windows全バージョン共通
コントロールパネルからプログラムのアンインストールをクリックします。
ご自身でインストールされたもののうち数週間以上使用していないソフトウェアを探します。
ダブルクリックでアンインストールを行ってください。
また今後使用する予定がないものに関しても、同じくダブルクリックしてアンインストールを行ってください。
ご自身でインストールしたにも関わらず使っているか否かを判断できないものは、使っていないものとして削除しましょう。
セキュリティソフトは有効期限が切れているならアンインストールします。
有効期限が切れていないのであればそのまま残しておきます。
ただし複数のセキュリティソフトを導入している場合は、1つだけ残してほかはすべてアンインストールします。

3.ディスクのクリーンアップを行う
ディスクのクリーンアップを行ってPC内のゴミを掃除し、PCの負担を減らしましょう。

(1)Windows全バージョン共通
Windowsキーを押しながらRキーを押します。
ファイル名を指定して実行が表示されますので、そちらに半角英数で以下を入力してください。
cleanmgr
入力が完了しましたらエンターキーを押してください。
C:ドライブを選択してOKを押します。
スキャンが開始されますので完了するまでお待ちください。
スキャンが完了すると一覧が表示されますので、すべてにチェックを入れてOKを押してください。

4.ディスクデフラグを行う
記憶媒体に保存されたデータを読み込み順に並べ替えることで高速化を図ります。

(1)Windows全バージョン共通
Windowsキーを押しながらRキーを押します。
ファイル名を指定して実行が表示されますので、そちらに半角英数で以下を入力してください。
dfrgui
入力が完了しましたらエンターキーを押してください。
ディスクデフラグツールあるいはドライブの最適化が表示されますので、(C:)を選択して最適化をクリックします。
最適化が完了するまで待ちます。
Cドライブがソリッドステートドライブ(SSD)の場合は警告が表示されたり、あるいはデフラグできない場合もあります。
デフラグが実行できる場合は実行を、デフラグが実行できない場合は本作業を飛ばしてください。

5.自動メンテナンスを行う
Windows 8以降には自動メンテナンスと言う機能が存在します。
この自動メンテナンスを手動で実行し、PCの状態を整えましょう。
Windows Vista/7の方は残念ながらこの機能が存在しないためご案内できません。

(1)Windows 8/8.1/10の方専用
コントロールパネルを開きます。
システムとセキュリティ→セキュリティとメンテナンスを開きます。
メンテナンス(M)をクリックして内容を表示させ、その中から自動メンテナンスを探します。
メンテナンスの開始をクリックするとWindowsが自動的にメンテナンスを開始します。
自動メンテナンスの採集実行日が更新されれば自動メンテナンスは完了となります。

6.再起動する
Windowsは使用しているだけで次第に重たくなってきます。
この症状を解決するために最も簡単にできることは、PCを再起動させることです。
上記で行った作業の影響を確かめる意味でも、ここで一度再起動を行ってください。
またシステムが不安定になった場合は、シャットダウンではなく再起動を行ってみてください。
これである程度は改善できるはずです。
シャットダウンは実はWindowsをシャットダウンさせていなかったと言う内容については、いずれ書くかもしれません。

終わりに
各種メンテナンスをやってみた結果はいかがだったでしょうか。
このメンテナンスにより少しでも快適にPCがご利用できるようになることを、陰に日向に祈っています。

それではまたネタを思いついた頃にお会いしましょう。
スポンサーサイト

インターネットが遅い!高速化したい!

インターネットの通信速度が遅いとイライラしますよね。
ダイヤルアップ回線時代は10秒ルールなんてものもありましたが、
今は右を見ても左を見ても高速通信が可能なブロードバンドで、
このご時世にナローバンドなんて使っている奇特な人はいないくらいです。
そしてブロードバンドになって通信速度が速くなるに伴い、
10秒ルールが3秒ルールになったりと、待てない人も増えています。
では通信速度を改善してみようではないかと言う内容ですね。

1.NETSH
まずはPC側の設定を変更することにより高速化を図ります。

最初に設定前の速度計測を行います。
以下URLにアクセスし、測定開始をクリックしてスピード測定を行ってください。
http://www.musen-lan.com/speed/
2回程度で結構ですので、測定結果をメモ帳等にコピペして保存しておきます。
保存が完了しましたらPCの設定を行います。

Windows Vista/7/8/8.1の場合
スタートボタンを押し、プログラムとファイルの検索の部分に、
半角英数で以下を入力してください。

cmd

入力すると検索結果にCMD.exeが表示されますので、
それを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

Windows 10の場合
スタートボタンの横にある何でも聞いてくださいと書かれたところに、
半角英数で以下を入力してください。

cmd

入力すると検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、
それを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプトが表示されましたら、以下を1行ずつコピペしてエンターを押します。

netsh int tcp set global rss=disabled
netsh int tcp set global netdma=disabled
netsh int tcp set global chimney=disabled
netsh int tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

設定が完了したらコマンドプロンプトを終了させ、PCを再起動します。
再起動後に再度スピード測定を行い、速度が変化したかを確認します。
速度計測の結果速くなっていた場合、次のステップへ移動してください。
速度測定の結果遅くなっていた場合に限り、コマンドプロンプトを開いて以下をコピペします。

netsh int tcp set global autotuninglevel=normal

再起動して速度計測を行います。

2.ルーターへのパブリックDNSの設定
パブリックDNSと言うものを設定すると、通常より通信速度が速くなることが多いです。
この設定はPCにも可能ではありますが、ルーターにパブリックDNSを設定することで、
そのルーターを介して通信を行っているすべての機器が通信速度上昇の恩恵を受けます。
なお、SoftBank光等を契約しており、その専用機器を利用している場合、
本設定を行う項目そのものが存在しない場合があります。

インターネットブラウザを起動させ、ルーターの設定画面へログインします。
ルーターへのログイン方法はルーターによって異なります。
一般的なルーターへアクセスする際のURLを以下に記述します。
このうちいずれが正解であるかは、ご利用のルーターにより異なります。
なお、ここにはない接続先である機器の場合もありますので、
その場合、詳細はルーターの取扱説明書をご確認ください。

有線接続の方はここをクリック

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け1

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け2

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け3

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け4

無線接続or無線LANルーターに有線で繋いでいる方向け5

ルーターへの接続に成功するとユーザー名とパスワードを入力する画面が表示されます。
rooter

ユーザー名とパスワードは一般的に以下のものとなります。

2011年あるいはそれ以前の無線LANルーターをご利用の方

ユーザー名:root
パスワード:未記入

ユーザー名:root
パスワード:root

2012年以降の無線LANルーターをご利用の方あるいは上記で設定画面に入れなかった方

ユーザー名:admin
パスワード:password

ユーザー名:user
パスワード:user

ユーザー名:admin
パスワード:admin

ユーザー名:admin
パスワード:未記入

ルーターの設定画面が表示されましたら、DNS設定と書かれた項目を探します。
機器によっては単純にDNSとしか書かれていない場合もあります。
DNSはプライマリDNSとセカンダリDNSの2つの設定を行うことができます。
機器によってはDNS1とDNS2と言う感じで記述されている場合があります。
この場合はプライマリDNSがDNS1、セカンダリDNSがDNS2となります。
DNSの設定の項目に以下を入力します。

プライマリDNS: 8.8.8.8
セカンダリDNS: 8.8.4.4

設定が完了しましたら保存ボタンを押してください。
メンテナンス等の項目にある機器再起動をクリックし、ルーターの再起動を行います。
ルーターによっては単純に再起動としか記載されていない場合もあります。
ルーターの再起動が完了しましたら、速度計測を行ってください。

通信速度は向上したでしょうか?
以上でインターネット回線の高速化設定は終了となります。
それではまたネタを思いついた頃にお会いしましょう。

HDD(SSD)の空き容量が不足した場合にやること

本記事が初陣となりますIVNOと申します。
これから細々と色々なことを書いて行きます。

HDDやSSDの空き容量が足りないんだけどどうすればいいか分からない!と言う人は以外と多いものです。
知らないうちに空き容量がなくなって行き、ついには赤く表示されるようになると言うこともよくあることです。
今回は蓄積していったゴミを掃除することで空き容量を確保し、PCを快適にご利用いただく方法を記述します。

1.ディスクのクリーンアップを行う
ディスクのクリーンアップを行うことで空き容量を回復させることができます。
エクスプローラーを開き、コンピューター→ローカルディスク(C:)を右クリックし、プロパティを開きます。

Cドライブプロパティ

ローカルディスク(C:)のプロパティが開いたら、全般のタブになっているのを確認してディスクのクリーンアップをクリックします。

プロパティ全般画面

ディスククリーンアップの画面が表示されたら、システム ファイルのクリーンアップを押します。
ただし、既にシステム ファイルのクリーンアップを行ったことがある場合、このボタンは表示されない可能性があります。
その場合は飛ばして次の作業を行います。

ディスククリーンアップC

システム ファイルのクリーンアップのスキャン結果が表示されたら、すべての項目にチェックを入れます。
0バイトと表示されているものもあるかと思いますが、念のためチェックを入れておきましょう。

システムクリーンアップ

チェックを入れ終わったらOKを押してクリーンアップを開始します。
自動的に終了して画面が閉じるまでお待ちください。
その後PCを再起動させることでクリーンアップ完了となります。

2.プログラムのアンインストールで空き容量を増やす
普段使っていないプログラムがPC内に残っていると、それだけで容量を消費していることになります。
これをアンインストール(削除)することにより、空き容量を回復させることができます。

コントロールパネルを開きます。
Windows 7ならプログラムのアンインストール、Windows 8/8.1/10ならプログラムと機能を開きます。

コンパネアンインストール

不要なソフトウェアをクリックし、アンインストールボタンを押してアンインストールします。

アンインストール

どのソフトウェアが必要なものかは、ご利用のPCによって異なります。
ご自身でインストールし、かつ使用していないものがあればアンインストールしましょう。

空き容量は確保できたでしょうか?
今回は手っ取り早く記事を書くために、まずは軽い内容をご案内いたしました。
次回以降については、専門的な内容の記事となってゆく予定です。
それではまた次回にお会いしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。